ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

おはぎとぼた餅

秋の彼岸、皆さんはおはぎを食べましたか?

よく、おはぎとぼた餅ってどう違うの?という疑問を聞きますが、今回はそれについてです。

おはぎとぼた餅は実は同じもので、季節によって呼び名が変わってるだけなんです。

また、きなこや胡麻、こしあんと粒あんの違いでも呼び方を変えてる地域や店がありますが、基本的には季節によって季節によって呼び名が変わります。

普通、春にはぼた餅(牡丹餅)と呼びます。牡丹が咲く春の彼岸に供物とされた小豆あんの様子を牡丹に見立てたことから牡丹餅、いわゆるぼた餅と呼ばれるようになりました。

では、秋は?そうです、秋に咲く萩の花に見立て、萩の餅(御萩・おはぎ)と呼ばれるようになったのです。

つまり、春にはぼた餅で、秋にはおはぎとなるわけで、けして違う食べ物ではなく、同じ食べ物だと云うことです。

ちなみに、夏は夜船、冬は北窓と呼びます。

ぼたもちは、もちと作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を出さずに作ることができます。だから、近くに住む人には、いつ搗(つ)いたのか分からない。そこで、「搗き知らず」→「着き知らず」と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないことから夏は夜船と呼びます。

夜船と同じように、「搗き知らず」→「月知らず」と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから冬は北窓と呼びます。

俺的には、棚から牡丹餅という状況が一番なんだけどね?!

 

 

 

 

鉄火巻き

この間、近くに回転寿司のお店が新たに出来ていたので行ってきました。

やっぱり寿しは美味しいね!北海道は海産物が多いし!

で、鉄火巻き、私も好きな寿しですが、なぜ鉄火巻きというか知ってます?

その前に、鉄火場というのはご存じでしょうか?

そう、賭博場のことを鉄火場というんですが、この鉄火場というのは、

鉄のように張り切った気持ちで、火のように熱い勝負をしたからだといわれています。

江戸時代の鉄火場すなわち賭博場で、博徒たちに好んで食べられていたことに由来するらしいです。

鮪をのりで細巻きにした鉄火巻き、勝負をしながら手軽に腹ごしらえができて、海苔

で巻いてあるので、サイコロや花札を持つ手に飯粒がつかず、都合が良かったというわけです。

ということは、これが鮪ではなく、玉子だったら、玉子の細巻きが鉄火巻きになってたかも知れないのかな?

まあ、日本人の鮪好きは昔からなんですね!

 

 

缶詰のはなし

まずは、今回の震災において被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

私も、個人として出来ることを微力ながら協力させて頂いております。一刻も早く復興がなされることを心よりお祈りしております。

非常食に缶詰が良く用いられます。その缶詰、古くは1810年にイギリスで発明されたそうです。

1833年にはフランス人によって、缶の周りをはんだ付けしたものが考案された。この缶は熱で溶かし蓋を開けるという方法を用いたそうです。

1860年にはブリキが発明され、缶切りが登場するようになったそうです。今ではプルトップで缶切りが無くても開けられるものがでまわってますよね。

日本では、明治4年に長崎でイワシの油漬けの缶詰が試作されたとされてます。

本格的に生産されたのは、明治10年に北海道は石狩で【石狩缶詰所】が創業したことによるそうです。創業日が明治10年10月10日であったことから、10月10日は【缶詰の日】となってます。知ってましたか?

この当時、「缶詰」は「管詰」と綴られたらしいです。

「缶」は、日本特有の略字で、本来は水を入れる容器を意味しています。そういう意味で水を沸かす容器に「薬缶」(ヤカン)というように使われてます。

現在のように使われるようになったのには、明治期に缶詰を意味するオランダ語の《Kan》や、英語の《Can》の音に通じてることから音訳字として「缶」の字を当てるようになったそうです。

国語学者からは文字の伝統を無視した当て字と批判があるようですが、もうすっかり定着してますからどうしようもないでしょう。

「昨日はホテル(又は部屋等)に缶詰にされたよ!」と良く言われますが、この「缶詰」、

「やかたにつめる」~「館に詰める」のように作家さんを編集者の人が、締め切りに間に合うように、旅館等で集中的に書き上げて貰ったことから「缶詰」がたとえで使われるようになったそうです。

 

おあいそ!

寿司屋などで、「大将、おあいそして!」…なんてセリフ、大体の人は言ったことがありますよね?

実はこのセリフ、お客の立場の人が言うのはマチガイだって知ってますか?。

「おあいそ」は漢字で書くと「お愛想」。店の人の特別な心づかいやもてなし、という意味なんです。

元々、「お愛想」は、お店の人が「何のお愛想もできませんで…」と言いながら、お客さんにお勘定書を渡していた時の言葉なんですねー!

また、「お金のことを言うのはお愛想のないことですが」という意味もあります。

「おあいそ」とお客の立場の人が言うと、本来の意味からすると「この店には愛想がつきたから帰ります!」という意味になってしまうので、気をつけて下さい。

ですから、お勘定の際は、「お勘定」、「チェックして」、「お会計をお願いします」、「ごちそうさまでした」などと言いましょう!

言葉ではなく、“人差し指で×印を作る”や、“ペンで書く真似をする”などのジェスチャーでも大丈夫ですが、言葉を添えた方がベストでしょう。

そう言えば、「おあいそして!」、俺も使ってたなあ。

これからは気をつけようっと!

 

花粉症?

せっかくの料理も、美味しそうな香りが分からなければ、おいしさは半減?

いや、それ以下ですよね。

今や、国民病になってしまった感がある花粉症。

私は何ともないのですが、症状が出る人は多いと思います。

春先は、憂鬱になる人が多いと思います。前回記事のレンコン、花粉症に良いらしいですよ?

で、この花粉症というアレルギーは戦前までは日本に無かったらしいんです。

戦後、物資が不足して、大量の製品がアメリカから流入してきました。

戦争中、国内の森林を大量伐採した日本は、森林も早い段階で元に戻す必要がありました。

日本の杉は成長が遅く、速く育つアメリカ杉を植林していったんですが、このアメリカ杉、

過酷な環境で育ったため、風が吹くと、子孫繁栄のために大量の花粉をまき散らすのです。

花粉症も、戦争が残した悲劇と言えるかも知れませんね!

 

赤提灯ならぬ緑提灯?

最近、赤提灯ではなく緑提灯を掲げている飲食店を見かけませんか?

その昔、店を目立たせるために始まった赤提灯、瞬く間に広まり、飲食店には定番になりましたが、今、緑の提灯が増えています。

これは、日本の農林水産物をこよなく愛する粋なお客様のため、カロリーベースで日本産食材の使用量が50%を超えるお店で緑提灯を飾っています。

2005年4月に、北海道小樽から始まり、現在では加盟店舗は2400店舗にもなります。

そして、提灯には星がついてるんですが、

カロリーベースでの日本産食材の提供量 が、

50%を超えれば星一つ ★ 60%を超えれば星二つ ★ ★ 70%を超えれば星三つ ★ ★ ★ 80%を超えれば星四つ ★ ★ ★ ★ 90%を超えれば星五つ ★ ★ ★ ★ ★ となってます。

ちなみに、星の数は店主さんの自主申告です。

お店は食材の仕入先を知っているけど、お客はそれを知ることが出来ない、こんな情報の非対称性を補うためにも 「正直を重ねて、信用を得る」ことを旨としている地道なお店だけが参加できるらしいです。

いわば、 緑提灯がお客を大切にする店主さんの「心意気」や「覚悟」を象徴していると言えます。

仮に、著しく違反した時の罰則は「反省と書いた鉢巻を締める」「頭を丸める」等のお笑いみたいなものらしいです。

でも、それ以前に、そんなお店はお客様に見放され、鉢巻を締める前にお店を閉めるでしょうね!

信用が第一ですからね!商売は。

だから、いい加減な店主さんは、最初から参加しませんね。

食材の宝庫北海道から始まった粋な提灯!

お店を経営してる方、是非参加してみてください!

緑提灯はこちらを参照してください

 

クリスマスに食べるもの?

クリスマスはそれぞれにいろんな思いで過ごされたと思います。

クリスマスは皆さん何を食べたでしょうか?

良く、七面鳥(ターキー)のローストを欧米では食べると思われてるみたいですが

これは、アメリカに移り住んだ清教徒が、秋の収穫祭のお祝いに七面鳥を食べたのが始まりといわれてます。

それが、逆輸入でヨーロッパに伝わり、ヨーロッパではクリスマスに食べる様になったらしいです。

アメリカでは、もちろん感謝祭でターキーを食べますが、クリスマスはローストビーフかローストチキンを食べるのが多いようです。

イギリスではローストターキーはクリスマスには欠かせないみたいですね。

ちなみに、ケンタッキー!クリスマスにはバカ売れします。

日本にケンタッキーが出店した頃、1970年代の青山店に

日本に住む外国人から、「日本ではターキーが入らないので、クリスマスにフライドチキンをデリバリーしてくれ」と注文が入ったそうな。

で、チェーン店全部でクリスマスのキャンペーンを始めたんだそうです。

「アメリカ人はみんなクリスマスにケンタッキーのフライドチキンを食べている」

と脚色して販売したのが定着したんです。

これによって、クリスマスにはチキンという風習が、日本で根付き

他のファーストフード店、スーパーやデパートの総菜でも扱うようになったんです。

我が家も、デパートでフライドチキンを買ってきました(笑

そしてクリスマスケーキ!

世界中でいろんなクリスマスケーキがありますよね!

これは、イエスキリストの誕生を祝うバースデーケーキだからという理由ではじまったんです。

日本では明治43年、不二家の創業時に発売したのが始まりだそうです。

年の瀬も押しせまり、皆様にはよいお年をお迎えくださいますよう心よりお祈り申し上げます。

 

旅館の部屋菓子

寒くなってきましたね!

冬はやっぱり温泉にでもつかって、美味しいものを食べて、くつろぎたいですね。

ところで、旅館で部屋に通されると、テーブルの上にお菓子とお茶がありますよね。

このお菓子、「お着きのお菓子」といって、宿のおもてなしのお菓子なんです。

何故?このようなお菓子を置いてるかと言えば?

その昔、旅人は何時間も歩いて宿にたどり着きます。そう、昔は歩いてたんですよ。

旅籠では、疲れた旅人の血糖値を上げるための甘いお菓子と抹茶でもてなし、疲れを癒してもらいました。

よく、時代劇では、旅の途中に必ず団子屋が出てきますよね!

そこで、団子を食べてお茶を飲むシーンがあって、若い女性がお侍さんに助けてもらって・・・

チョット話が逸れましたが、その団子屋も旅籠の「お着きのお菓子」と同じような意味合いがあったんです。

そう、昔の名残だったんですね。

また、今では、旅館には必ず売店があります。

お菓子が美味しければ、買って頂けるといった思惑が現在ではあります。

その温泉の饅頭とかが多いですが、旅館によっては独自色を出し、漬け物とか多様になってきてます。

自家製のお菓子というところもありますね。

温泉に行ったときはそういったことも頭の隅に入れておいて下さい。

意外な発見があるかも知れませんよ?

 

森の恵み

森は私たちの食生活に密接な関係があるって知ってますか?

森から流れ出た水は、ミネラルを豊富に含み栄養分がいっぱいなんです。

日本の植生は多様でミネラルのバランスが良く、欧米よりもおいしい軟水がいたるところで流れています。森の湧き水ってホント美味しいんです。

北海道の島牧村では、炭酸水もわき出てるんですよ。

いわゆるペリエ(フランスの炭酸水の湧き水)なんです。

森の水により、微生物が繁殖し、昆虫が増え、それが鳥や魚の餌となります。

森の水は川となり、川魚など川の生き物を増やし、田畑を潤し、海へと流れてゆきます。

鉄分を多く含む森からの水は、おいしい海苔やワカメなどの海産物を育てます。

そして、プランクトンを繁殖させ、たくさんの魚を育てるための餌となるんです。

実際に、牡蠣の養殖をしている海岸の近くの森は、手入れされ、森が牡蠣を育てるという理由で、人の手によって管理されてるんです。

そんな大事な森が、今では手入れが行き届かなく、間伐もされず、森としての機能を果たしてないのです。

豊かな森林を抱えた山では、雨が降っても、川はすぐには増水しませんし、水も濁りません。

たとえ大雨になっても森が水を蓄え、根が土を守りますから、洪水もおきにくいのです。

そして、日照りが続いても、水がゆっくりと流れるので、川は簡単には渇水しません。

それが、今では梅雨時期になるとあちこちで土砂崩れ。

雨の量が違うという人はいると思いますが、それだけではありません。

日本では、割り箸はこの間伐材を使ってるので、環境に良くない?という人達の言うことは、的外れと思います。

燃やしたときに出るCO2も元々はCO2を吸収して育った木ですから、プラマイゼロの筈です。

けして森林伐採をして作った割り箸ではないのです。

それよりも、エコ(マイ)箸とかいって、メラミンの箸を作ってますが、こっちの方が、石油製品だし、製造過程でのCO2排出が多いと思います。

森の緑は、空気が澄んでいて、気分が良くなる。森の中にいると、リラクシゼーションの効果がありますよね。

森は、上手に人が手を加え、保護することにより、健全な森が育ちます。

地拵えをして植樹し、苗木の成長を妨げるササなどの下刈りをおこない、木にからみつくつるをはらいます。

間伐や枝打ちを行って太陽の光を取り込み、良木が育ちやすくなるようにします。

また、単一種の植林ばかりではなく、なるべく天然の木を大切にし混交林へと導きます。

そして多様な動植物が共存できるような環境を整えるのです。

森を生かすことにより、必ずその恩恵が私たち人間にもたらされることでしょう。

自然界は生態系の循環により、すべての生き物がつながりあっています。

私達は、森によって生かされていると言っても過言ではないと思います。

豊かな森の恵みは人の生活に欠かせないということです。

ラガービール

ラガービール。おそらくは皆熱処理をしたのがラガービールで、

生ビールとは熱処理してないビールと思ってませんか?

ラガーとは、英語で貯蔵という意味です。

ドイツ語のラーゲルが語源といわれてます。意味は、寝床・倉庫という意味です。

つまりはラガービールとは、貯蔵行程で熟成させたビールのことで、

熱処理とは関係がありません。

日本では昔、熱殺菌をして貯蔵してたので、熱殺菌だけが飛び出してしまい、

貯蔵による熟成が忘れられたんでしょうね?

日本では、生ビールでもラガービールはあります。

また、低温で長期熟成されることから、殆どはラガービールといえます。

北海道では、暖房が効いた暑い部屋で冷たいビールを飲む!

これがまた良いんです。夏とは違う味わいがあります。

 

Ads by Sitemix