ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

オムライス

オムライス

日本の代表的な洋食です。子供が大好きで、専門店までありますね。

 

「オムライス発祥の店」を自称する店はいくつかありますが、中でも有名であり有力とされるのは大阪心斎橋の「北極星」と東京銀座の「煉瓦亭」でしょう。

 

煉瓦亭のオムライスは、白飯に卵や具を混ぜ炒めたもので、どちらかというとチャーハンに近いもので、賄い食として食べていたものを、客が食べたいと所望したため供されるようになったもので、現在はこれを「元祖オムライス」という名前で提供している。

 

現在のようにケチャップライスを卵で包むと言う形を最初に考案したのは、大阪心斎橋の「北極星」です。

白飯とオムレツを別々に頼んでいた胃が弱い常連客を見て「いつも同じものでは可哀そうだから」という思いから生まれたとされてます。

 

最近のスタイルで、皿に盛ったチキンライスの上に中が半熟のプレーンオムレツをのせ、食卓でオムレツに切れ目を入れて全体を包み込むように開くという方法があります。

 

これは伊丹十三氏がアイディアを出し、東京日本橋にある洋食屋の老舗「たいめいけん」がつくりだしたもので、現在「タンポポオムライス(伊丹十三風)」という名前で供され、店の名物の一つになってます。

 

映画「タンポポ」から来てたんですね。

 

 

スパゲティーナポリタン

スパゲティーナポリタン

実はこの料理、日本人が考案した料理なんです。

 

戦後、横浜山下町にあるホテルニューグランドの総料理長であった

入江茂忠さんが最初に日本におけるナポリタンを考え出した人物として記録が残っています。

 

この頃まだ日本では一般人の食卓に上ることが珍しかったスパゲッティーと

ケチャップを使った料理が進駐軍の好みに合わせて考え出されたと伝わっています。

 

進駐軍で食べていたスパゲッティーにトマトケチャップを和えた軍用食からヒントを得て、

ケチャップだけでなくトマトピューレ、調味料や具材を加え本格的な料理に仕上げた

「スパゲッティナポリタン」としてホテルのメニューに載せたそうです。

 

昭和期にはパスタの乾麺をアルデンテに茹でるという概念も一般的でなく、

あらかじめ茹置きした麺をフライパンで味付けながら炒め直しするといった調理法をしていました。

調理感覚としてはソース焼きそばや焼うどんに近いもので、

ケチャップでの味付けが非常に簡便であることから、

学校給食や家庭、喫茶店、軽食堂で供されることが多くなっていったんですね。

 

今では普通に洋食屋さんで食べられる料理です。イタリア発祥じゃなかったんですね。

実は恥ずかしながら私も数年前まではイタリアだと思ってたんですよ。

 

 

キスのはじまり?

キスのはじまりはワインの歴史に関係してるらしいです。

ワイン造りの歴史は古く、約8000年前に生まれ、

本格的には5000年前に造り始められたなどと様々な説がありますが、

造られだしたのはヨーロッパではなくメソポタミアであることがはっきりとしています。

 

紀元前1800年頃のハンムラビ法典にはすでにワインの記述があり、

その後に渡ったエジプトにも造り方のレリーフが残っています。

そして法律や造り方が整備され、ようやくギリシァへ渡りました。

 

その後ワインがヨーロッパに広がるにつれ、戦争の歴史と密接していきました。

 

文明国が自分たち用のワインを造るために、

ブドウの苗を征服した土地に植えてワインを根付かせていったのです。

アレクサンダー大王がギリシアからイタリアを含めた周辺諸国に、

そしてシーザー率いるローマ帝国がフランスやドイツにワイン造りをもたらしました。

 

この頃からワインは飲むだけではなく、財産としても取引されるようになり、

資産家や政治家の住居にはワイン用のカメがたくさん並び、百年物のワインもあったと言います。

 

そしてキスの始まりはこの頃であるという説があります。

家の主人が帰ると、妻や召使いが隠れて飲んでいないかを確認するために始まったらしいです。

キスは嘘発見器だったんですね。

 

 

醍醐味と第五味

醍醐味!!

「何事にもかえられない楽しさ、ほんとうのおもしろさ」の事ですが、

昔はバターやヨーグルトのような味をさしていたということです。

 

遙かシルクロードを渡り日本に仏教とともに

チーズとその製法が伝来してきました。

西暦700年の11月には文武天皇が「蘇」(ミルクをゆっくりと煮詰めたバター)

を献納するように命じています。

 

さらに醍醐天皇は「蘇」の製法を法律として定め、

酪農家は年貢として献上していたようです。

 

蘇から熟成などさらに精製したのが「醍醐」(チーズとバターの中間)で

醍醐天皇のおくり名は意外とチーズ好きだったからだけかもしれません 。

 

乳がその4つの過程を経て最後に到達する第五の味、

すなわち醍醐味(第五味)であり、

究極とか至高をさすようになったそうです。

 

その後朝廷の力が衰えた鎌倉時代以降は

乳はほとんど利用されなくなりました。

 

明治時代に入り一般国民に牛乳をはじめとする

乳製品が普及するようになったのです。

 

醍醐味はチーズから来てたんですね!

 

 

チョコレートのはなし

もうすぐバレンタインですね。

と言うわけで、チョコレートのはなしです。

 

新大陸発見でコロンブスが持ち帰ったとされるがあまり広がらなかった。

 

その後スペイン人コルテスが持ち帰ったのが始まりで、

イタリアの商人によってスペイン国外に持ち出され、ヨーロッパに広がっていったそうです。

 

1600年代に伊達政宗御一行がヨーロッパへ。

ヨーロッパの最高級の晩餐に臨席しており、

おそらくチョコレートを口にした最初の日本人とされてます。

 

この当時はチョコレートは飲料であり、要するにココアですね。

 

1800年代になり、オランダのコンラート・ヴァン・ホーテンが、

消化の良い飲み物にすることを研究していた結果、

カカオから脂肪分を分離させるココア搾り機を発明。

また、アルカリ処理をしてココア豆の酸を中和させる方法も発明し、

チョコレートが飲みやすく、香り豊かなものになる。

 

その後、ヴァン・ホーテンの技術を用い、

イギリスのフライ社が型に流し込み成型したチョコレートを発明。

現在のチョコレートの原型が誕生しました。

 

1800年代の終わりに、スイスのロドルフ・リンツがチョコレートを数日かけて混ぜ合わせると、

口当たりがなめらかに変わることを発見しました。

 

生地を練りあげる「コンチェ」と、粒子を細かくすり潰す「レファイナー」という機械が発明されました。

現在では「コンチング」として知られる製造工程です。

さらに、余分にココアバターを加えることでチョコレートがよりなめらかになることも発見し、

口の中で溶けるチョコレートへと進化しました。

 

板チョコの溝は、表面積を多くすることで早く冷めるように考案されたんだそうです。

 

 

フランス料理のソース

今では、その食材により様々なソースがあるフランス料理。

 

実はこのソース、元々はフランス料理にはなかったものです。

 

中世の12世紀頃のフランスの食事はローストした肉と茹でた野菜のみであったらしい。

 

当時、料理の先進国はイタリアであり、フランスは料理に後れを取っていましたが

フランス王室とイタリアのメディチ家との縁組みにより、

イタリアの料理技術がフランスへ伝わりフランス料理が華やかになっていきました。

 

メディチ家のお姫様のお輿入れの際には彼女達の料理人も含めて、

多くの従者を同行してきた。

そのときに、ソースやスープ、デザート、食器ではフォークなどが

フランス料理に取り入れられたといわれています。

 

その後時が経ち、フランス革命後、

それまで王室に仕えていた料理人はその技術を生かし、

街に出てレストランを開いていき、フランス料理が大衆化していきました。

 

新大陸原産の新しい食材も料理の発展を加速させました。

唐辛子、アボカド、南瓜、トウモロコシ、豆類、トマト、じゃが芋、さつま芋、

落花生、ココア、バニラ等である。

 

トウモロコシは家畜の大切な飼料となり、豆類は栄養学上大切な野菜として、

またトマトは地中海沿岸の国では欠かせない材料になった。

ピーナツ油はフランスの植物性油の代表格で、

ココアとバニラはお菓子(スイーツ)の発達を促しました。

じゃが芋は、ルイ16世の時代に栽培に成功してから飢饉を救うことになった。

新しい材料が新しい料理法を生み、フランス料理が発展していったそうです。

 

また、アメリカやイギリス、ロシア、ドイツ、オーストリアへ渡ってフランス料理を広める一方、

外国の料理も積極的に取り入れ、一段と範囲が広がった。

最近では、中国や日本の影響を受けた料理も考案されている。

 

魚を生で食べるなんてのは、正に日本の影響ですね!

 

 

Ads by Sitemix