ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

赤提灯ならぬ緑提灯?

最近、赤提灯ではなく緑提灯を掲げている飲食店を見かけませんか?

その昔、店を目立たせるために始まった赤提灯、瞬く間に広まり、飲食店には定番になりましたが、今、緑の提灯が増えています。

これは、日本の農林水産物をこよなく愛する粋なお客様のため、カロリーベースで日本産食材の使用量が50%を超えるお店で緑提灯を飾っています。

2005年4月に、北海道小樽から始まり、現在では加盟店舗は2400店舗にもなります。

そして、提灯には星がついてるんですが、

カロリーベースでの日本産食材の提供量 が、

  • 50%を超えれば星一つ ★
  • 60%を超えれば星二つ ★ ★
  • 70%を超えれば星三つ ★ ★ ★
  • 80%を超えれば星四つ ★ ★ ★ ★
  • 90%を超えれば星五つ ★ ★ ★ ★ ★
となってます。

ちなみに、星の数は店主さんの自主申告です。

お店は食材の仕入先を知っているけど、お客はそれを知ることが出来ない、こんな情報の非対称性を補うためにも 「正直を重ねて、信用を得る」ことを旨としている地道なお店だけが参加できるらしいです。

いわば、 緑提灯がお客を大切にする店主さんの「心意気」や「覚悟」を象徴していると言えます。

仮に、著しく違反した時の罰則は「反省と書いた鉢巻を締める」「頭を丸める」等のお笑いみたいなものらしいです。

でも、それ以前に、そんなお店はお客様に見放され、鉢巻を締める前にお店を閉めるでしょうね!

信用が第一ですからね!商売は。

だから、いい加減な店主さんは、最初から参加しませんね。

食材の宝庫北海道から始まった粋な提灯!

お店を経営してる方、是非参加してみてください!

緑提灯はこちらを参照してください

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix