ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

熨斗袋(のし袋)

のし袋の「のし」とは「アワビ」のことだって知ってました?

祝儀などで祝い金を包む紙をのし袋、贈り物などの上にかける紙をのし紙といいますが、この「のし」というのは、「ノシアワビ(熨斗飽)」のことなんです。

「のし」は、伸ばすという意味の「のす」からきた言葉で、アワビ(飽)を包丁で長くらせん状にむいて、乾燥させたものです。

アワビは 昔から不老不死の薬と考えられてまして、縁起をかついで、武士の出陣や帰陣などの祝いの席に三方(神仏への供物や儀式のときにものをのせる四角い台で三宝ともいいます)にのせて出されたり、慶祝のときの贈答品にそえられたりもしました。

昔(どれくらい昔かは分かりませんが)のし袋には、本物のアワビが使われてたんですが、現在では印刷されているか、代用品がついています。


のし袋の水引の右上に、下が狭く上が広い六角形のものに長く黄色いものを包んである様子が印刷してあります。

これがノシアワビのなごりであり、 昔は、ノシアワビをこのように紙でくるんで贈り物などにそえていました。

のし紙も、現在では赤い書き文字で「のし」と印刷してあったり、あるいはノシアワビのなごりである長い紙だけのものになってしまいましたが、アワビは高価なだけに仕方がないところでしょう。

 

高価なアワビは、やはり食べた方が良いですよね!

ちなみに、伊勢神宮には、いまでも鳥羽市国崎町にある神宮御料鰒調製所でつくられた昔ながらの本物のノシアワビが奉納されているんですって。

チョットもったいないような気がしますが、神様への奉納ということで、高価な分だけ御利益があるかも?


Leave a Reply

Ads by Sitemix