ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

濃縮還元果汁

良くジュースの表示に書いてあります濃縮還元果汁、これはどういうことなのか?

ジュースと言えるのは、果汁100%のものだけです。果汁というのは果物を搾った汁の事で、果実を搾ったままの果汁をストレート果汁、搾った果汁の水分を取り除いて1/5~1/6程度の重量まで濃縮したものを濃縮果汁と言います。

濃縮した果汁を、濃縮する前の状態まで水を加えて戻した(還元)後、殺菌して製品にしたものを「~ジュース(濃縮還元)」と表示します。多くの果汁飲料が、この濃縮果汁から作られたものです。

低温保存しておいた果汁100%を、そのまま殺菌して製品にしたものを「~ジュース(ストレート)」と表示します。

何故、こんなこと(濃縮)をするのか?ストレート果汁で良いじゃない?と思いますよね。

果実類は通常1年に1回の収穫であり、その際に搾汁が行われていますが、1度に1年分の製品を作ることができません。

濃縮還元果汁を使用する事により、果汁を効率よく保存することができ1年中安定的で品質レベルも一定に保った製品を提供することができるようになります。

そして、なんと言っても輸送コストが減らせるからなんですね!その地域で採れた果汁を濃縮して、保存。それを各地の工場に輸送、そこで還元してジュースを作り、市場に出す。というわけです。

昔は長時間加熱をして水分を取り除いていたために、味や香りを悪くしたり異臭を生じるような問題が発生しました。
そういえば、子供の時飲んでたオレンジジュースは不味かったような気が・・・

現在では優れた濃縮技術が確立され、ストレート果汁にせまる品質の製品が作れるようになっています。

現在主な濃縮還元の技術は3種類あり、これらを組み合わたりして濃縮してます。

真空濃縮 ~  水は真空状態にすると低温でも蒸発しやすくなります。これを利用して、果汁を真空状態のもとに置き低温で果汁中の水分を蒸発させて濃縮する方法です。

凍結濃縮 ~  果汁中の水分を氷の結晶に変えて、この結晶を分離して除去することで濃縮する方法です。

膜濃縮 ~ 果汁を特殊な膜に通すことにより、水分を取り除き濃縮する方法です。

安定供給のための濃縮還元果汁だったんですね!

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix