ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

大豆のはなし

豆を食べなくなった日本人となってしまったような現代、その代表格、大豆の話です。

日本では昔から栄養価が高く、身体に良いとされてきた大豆、その歴史は古く、およそ2千年前の弥生時代に中国から朝鮮経由で伝わったと考えられてます。

奈良時代に中国との交流が盛んになり、味噌や醤油などの加工品とその製造方法が伝わったといわれてます。

栽培が広く始まったのは鎌倉時代以降といわれてます。その背景には仏教の布教の広がりがあり、肉食を禁止しているため、栽培が広がったようです。

時は明治6年ウィーンの万国博に日本が参加したときに、大豆を出展したことでヨーロッパの国々から評判を得て、フランス人からは「真珠のような豆」と称賛されたそうです。

ドイツでは徹底的に成分分析(この頃はまだビタミンとかは分からない時代)され、栄養価は肉類とほぼ同等であることが分かり、「畑の肉といえるもの」と公表されました。

こうしたことから、ドイツでは大豆による食料改革を図ろうと、日本から大豆を取り寄せて、栽培実験を行いましたが、残念なことにヨーロッパの土壌には、大豆栽培に必須な根瘤菌(こんりゅうきん)が無く、失敗しました。

ちなみに、アメリカでは「大地の黄金」と呼んでいるそうです。

私たちがよく食べる枝豆。実はこれも大豆で、成長過程にある若いときの豆が枝豆で、成長して鞘が枯れるくらいに成熟したのが大豆なんです。

今では品種改良をし、枝豆は専用の種子を使ってるそうです。

言うまでもなく、豆類は身体に良いです。厚生労働省の指針では1日100g以上の摂取量を目標とされてます。

昔の日本人の食生活ではないですが、豆を食べるというのは先人の知恵で、身体に良いということは分かってたんですね。

夏には枝豆や冷や奴、冬はおでんや焼き豆腐などが良いよね!

味噌汁、豆腐、納豆、煮豆、大豆もやし、枝豆、油揚げ、湯葉、豆乳、きなこ、おからなど加工品は沢山あるので、豆類をもっと食べましょう!

今では、欧米の人たちも身体に良いからと、豆腐を食べてるくらいですからね。

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix