ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

一皿ずつ出てくるフランス料理

オードブルに始まって、最後のデザートまで一皿ずつ出てくるフランス料理

 

そもそもなんで一皿ごと出てくるんでしょう?

 

日本人的には最初からドカーっと沢山出てたほうが良いと思うのだが?

今ではコース料理ならイタリアンだろうが中華であろうが全てがそうですね!

 

そもそもフランス革命以前の宮廷では、どーんと最初から出てたし、

今のような多様なソースもなかった。

 

全部の料理が一度に食卓に並べられ、の塊は大皿盛りで出されました。

それをナイフで切り分け手で食べていたのです。

スープソースのような液体はパンに浸して食べ、

汚れた手はテーブルクロスナプキンで拭うといった具合です。

 

では、どうして一皿ずつになったのか?

これはロシアから始まったという説があります。

この時代、冷製料理はありません。冷製料理というのは殆どが余り物から始まったのですが、

残り物は全て使用人が食べていました。

偉い人はわざわざ冷たい残り物なんて食べないこの時代は温かい料理しか無いんですね。(冷蔵庫もないし!)

 

ロシア寒い、だから一度に出すと料理がみーんな冷めてしまう。

そこで、ロシアでは、冷めないうちに食べるように、一皿ずつ出していたんですね。

それをフランス人が真似をしたと言われてます。

 

いろんな文化を取り入れて、確立されたのがフランス料理ですから。

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix