ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

レタスのはなし

一頃の悪天候による野菜の高騰も落ち着き、だいぶ安くなってきました。

レタス、子供の頃は嫌いで食べなかった記憶があります。

今では好きで、レタスとトマトのピラフなんか好きですね、あとBLTサンドとかね!

レタスの歴史は古く、紀元前6世紀にペルシャ王の食卓に供せられていたと伝えられてます。

地中海沿岸から西アジアにわたって分布する野生種から現在のレタスのもとになるものが主にヨーロッパで選び出され、東西に広がっていきました。

レタスの仲間全体を、和名では「ちしゃ」とよびます。

中国から伝わり、平安時代に栽培されていた「ちしゃ」は、わたしたちが今レタスとよんでいる

ものとは異なり、下のほうの葉から掻きとって使う「掻きちしゃ」でした。

レタスにはステムレタス(茎ちしゃ、掻きちしゃなど)

コスレタス(立ちちしゃ)

リーフレタス(葉ちしゃ、サニーレタスなど)

玉レタス(玉ちしゃ)の4つの仲間があります。

玉レタスには、堅い球になるクリスプヘッド型と、ゆるい球になるバターヘッド型とがあります。
日本では前者をレタス、後者をサラダ菜とよんで区別しています。

サニーレタスはリーフレタスのひとつで、葉に縮みがあり、葉先が赤紫色のもの。昭和40年代につけられた商品名だが、今では一般名称になってます。

サニーレタスのサニーは何からとったと思いますか?

それは、当時売れて話題になっていた日産サニーからとったそうです。

カローラじゃないんですね(笑

カローラレタス・・ゴロが悪いね!

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix