ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

ポテトチップスのはなし

アメリカ人って、ジャガイモ好きですよね!

良く、映画の食事のシーンで、マッシュポテトスプーンですくい取るシーンを見ますが、きっとそれが日常なんでしょうね!

てなわけで、ポテトチップスです。

今や、日本では代表的なスナック菓子になってますが・・みんな好きですよね!

時は、1853年アメリカ ニューヨーク州、サラトガスプリングにある「ザ・ムーン レイク ロッジ」というレストランシェフ「ジョージ・クラム氏」が発明したという説が有力なようです。

当時、スライスして揚げていたフライドポテトが、厚すぎる!とお客さんからクレームを付けられてたそうです。
しかもそのお客が、アメリカ大富豪である「コーネリアス・ヴァンダービルト」という人で、何回も作り直しをさせたようです。

それで、クラム氏はそのお客を困らせてやろうと、フォークでは刺せないくらいに薄く切り、フライドポテトにしたんだそうな。

すると、そのお客さんは困るどころか、大変喜んだそうで、それがまた評判を呼び、地名のサラトガをくっつけて、「サラトガ・チップス」という料理名のメニューとして広まったんだそうです。

うるさいお客さんも、大切なお客さんということですね。

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix