ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

フランス料理のソース

今では、その食材により様々なソースがあるフランス料理

 

実はこのソース、元々はフランス料理にはなかったものです。

 

中世の12世紀頃のフランスの食事はローストした肉と茹でた野菜のみであったらしい。

 

当時、料理の先進国はイタリアであり、フランス料理に後れを取っていましたが

フランス王室イタリアメディチ家との縁組みにより、

イタリアの料理技術がフランスへ伝わりフランス料理が華やかになっていきました。

 

メディチ家お姫様のお輿入れの際には彼女達の料理人も含めて、

多くの従者を同行してきた。

そのときに、ソーススープデザート食器ではフォークなどが

フランス料理に取り入れられたといわれています。

 

その後時が経ち、フランス革命後、

それまで王室に仕えていた料理人はその技術を生かし、

街に出てレストランを開いていき、フランス料理が大衆化していきました。

 

新大陸原産の新しい食材も料理の発展を加速させました。

唐辛子アボカド南瓜トウモロコシ豆類トマトじゃが芋さつま芋

落花生ココアバニラ等である。

 

トウモロコシ家畜の大切な飼料となり、豆類は栄養学上大切な野菜として、

またトマト地中海沿岸の国では欠かせない材料になった。

ピーナツ油フランス植物性油の代表格で、

ココアバニラはお菓子(スイーツ)の発達を促しました。

じゃが芋は、ルイ16世の時代に栽培に成功してから飢饉を救うことになった。

新しい材料が新しい料理法を生み、フランス料理が発展していったそうです。

 

また、アメリカイギリスロシアドイツオーストリアへ渡ってフランス料理を広める一方、

外国の料理も積極的に取り入れ、一段と範囲が広がった。

最近では、中国や日本の影響を受けた料理も考案されている。

 

を生で食べるなんてのは、正に日本の影響ですね!

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix