ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

フランスパン

フランスパン、表皮はカリッとしていて、中はふんわり、美味しいですよね!

私は、フランスパンとチーズにワインがあれば、それだけで幸せを感じます。

フランスで食べたときは、ちょっとカルチャーショックで、こんなに美味しかったっけ?と思った物です。

日本とフランスでは、製法と材料が違いますからね!

そのフランスパン、元々フランスで作られる小麦は、グルテンが乏しく他国のパンのようにふっくらとしたものを作ることが難しかった。

そのためフランスでは粘り気の少ない生地を使ってのパン作りが求められ、結果として硬い外皮とサクサクした中身を持つ独特のパンが生まれたんです。

そして、フランスでは、フランスパンについては厳格に法律で定められてます。

法律ですよ!それだけ誇りを持ってるんですね。

材料や製法、出来上がったパンの大きさや、種類、溝の数などが定められてます。

例えると、
バゲット(baguette 杖、棒の意) – 細めの棒状パン。重さ250g・長さ60~70cm前後。

バタール(bâtard 中間の意) – バゲットとパリジャンの中間。重さ250g・長さ40cm前後。

パリジャン(Parisien パリっ子の意) – 重さ400g・長さ68cm前後と太めの棒状パン。

ドゥ・リーブル(deux livres 2ポンドの意) – 太長のパンで、重さ850g・長さ55cm前後。

フルート(flûte 楽器フルートの意) – フルートの様にに細い。重さ200g・長さ60cm前後。

フィセル(ficelle 紐の意) – 紐のように細い。重さ125g・長さ60~70cm前後。

ブール(boule 丸、ボールの意) – ボール状のパン。

エピ(穂) – バゲット、フルートなどで深い切れ目を入れ、麦の穂のような形の焼き上がりになるようにしたもの。

シャンピニョン(champignon マッシュルームの意) – 上に円形の「頭」がある、きのこ状のパン。

クーペ(coupé 切られたの意) – 約20cmの紡錘形。焼成前にナイフで一本の長い切れ目を入れて焼く。

クロワッサン(Croissant 三日月の意) – 日本では生地に砂糖が使われるため、フランスパンというよりも菓子パンとしてのイメージが強いです。

このように、同じ素材でも焼き上がりの重さと長さが決まっています。

またお客様から要求があれば定められた価格で目方売りをしなくてはならない!ということになっているのだそうです。

フランスパンは、フランスのプライドなのかな?

 

Comments are closed.

Ads by Sitemix