ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

デザート

もうすぐクリスマスですね。

そこでデザートの話。

デザートって見た目も美しく、食べて美味しく、

中に入っている材料の香りや食べた時の触感といい、五感を駆使して味わえる。

デザートもそれなりの役目を果たしていると思います。

 

デザートは和菓子に比べると、形といい、材料といい、多様性に満ちていると言えます。

形からみた場合、小麦粉バターをベースにして焼き上げたものとして、

ビスケットタルト (パイ)、シュークリームスポンジケーキクレープマドレーヌ等があります。

 

次に、ベースにしたものでは、プディングメレンゲ、温かいスフレ

ババロワアイスクリームムース類があります。

 

また、果物を使ったものでは、フルーツポンチコンポート (果物のシロップ煮)、

ムースゼリーアイスクリームシャーベットがある。

 

材料の点から見てみると、砂糖以外に使うものは、乳製品では

バター牛乳生クリームチーズ澱粉類では小麦粉お米そば粉パン等が使われる。

 

果物もよく用いるが、りんごオレンジなどその季節の旬のもの以外に、

干したレーズンプルーン、缶詰の洋梨パイナップルも珍しくはない。

 

ナッツ類ではアーモンドくるみ、特にアーモンドは、丸のままや粉末、

薄切り、粗切りと形を変えて頻繁に登場する。

 

この他に、冷たいデザートのつなぎとしてゼラチン

香り付けには、バニラシナモン等のスパイスチョコレートコーヒー紅茶

ワインブランデーリキュールのアルコール類、カラメルが脇役となる。

 

食べる時の温度を考えた場合、常温、温かい状態のもの、冷たいものとに分類できる。

常温でいただくものはビスケットタルトスポンジケーキ等。

 

スフレは、泡立てた卵白が熱で膨らむのを利用したもので、

オーブンで表面が最も盛り上がったら間髪を入れずに供するとよい。

また、冷やしておくものでは、アイスクリームシャーベットババロワムースがある。

 

このようにデザート食材を幅広く取ることができるんです。

最も簡単なものでも3~4種類は使うので、旬の果物を生かすなどして、変化を付けて食べていれば、

より良い健康状態が保てると思います。

 

そしてデザートにはアルコール解毒作用があるんです。

食事の初めに甘い物を食べると、満腹感が早く起きて食欲がなくなるが、

デザートは食事の最後に食べるので理にかなってるんですね。

 

だからといって食べ過ぎにはご注意を!

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix