ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

スパゲティーナポリタン

スパゲティーナポリタン

実はこの料理日本人が考案した料理なんです。

 

戦後、横浜山下町にあるホテルニューグランド総料理長であった

入江茂忠さんが最初に日本におけるナポリタンを考え出した人物として記録が残っています。

 

この頃まだ日本では一般人の食卓に上ることが珍しかったスパゲッティー

ケチャップを使った料理が進駐軍の好みに合わせて考え出されたと伝わっています。

 

進駐軍で食べていたスパゲッティートマトケチャップを和えた軍用食からヒントを得て、

ケチャップだけでなくトマトピューレ調味料や具材を加え本格的な料理に仕上げた

スパゲッティナポリタン」としてホテルメニューに載せたそうです。

 

昭和期にはパスタの乾麺をアルデンテに茹でるという概念も一般的でなく、

あらかじめ茹置きした麺をフライパンで味付けながら炒め直しするといった調理法をしていました。

調理感覚としてはソース焼きそば焼うどんに近いもので、

ケチャップでの味付けが非常に簡便であることから、

学校給食や家庭、喫茶店軽食堂で供されることが多くなっていったんですね。

 

今では普通に洋食屋さんで食べられる料理です。イタリア発祥じゃなかったんですね。

実は恥ずかしながら私も数年前まではイタリアだと思ってたんですよ。

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix