ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

ケンタッキーフライドチキン

今や全国に1000店以上あるケンタッキーフライドチキン
創始者はカーネル・サンダース(本名 ハーランド・デイビッド・サンダース)です。
カーネルというのはケンタッキー州から与えられた名誉称号なんです。
彼は30代でガソリンスタンドの経営を始めるんですが、潰れてしまいます。
40代で再びガソリンスタンドの経営を始めるんですが、来た客を退屈させないために
レストランを併設します。
このときに提供していたのがフライドチキンで、それが評判になり店は流行りました。
そのときに、このフライドチキンを自分のレストランでも販売したいという申し出を受け、
1羽幾らという販売に対する歩合を貰うことで契約をします。
このときの契約が現在のフランチャイズの原型といわれています。
そして、自分の店ではなく、契約先の店で初めてケンタッキーフライドチキンという
メニューで販売が始まったそうです。
で、自分のレストランはというと、高速道路の開通でガソリンスタンドに客が来なくなり
またまた潰れてしまいます。
しかし、50代で今度はレストランを開業し、ケンタッキーフライドチキンを売り出し
好調だったんですが、今度は火事に遭ってしまいます。
そして、60代になり、自分の店は諦め、フライドチキンをワゴン車に積んで各地を回り、
その調理法を教えてフランチャイズに加わってもらい、全米に広めていったとさ。
ちなみに日本の1号店は1970年に名古屋でオープンしたそうです。
まさに、七転び八起き!カーネルサンダース、恐るべし!

Leave a Reply

Ads by Sitemix