ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

ウィンナーソーセージ

ウィンナーソーセージ

ソーセージだから、ドイツだろうと思ってる人が多いと思いますが、

実は、オーストリアウイーンが発祥地のソーセージなんですね。

 

ちなみに、ウインナーとは豚肉牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、

羊などの腸に詰めたた後、燻煙・ボイルしたソーセージで、ウインナーはたくさんある

ソーセージ」の一種なのです。

 

日本の場合の分類は、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち

羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ

豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満をフランクフルトソーセージ

牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上をボロニアソーセージ

と分類されてます。

 

子供の頃は赤いウィンナーしか食べてなかったような気がします。

タコウィンナーにしてお弁当に入れてもらった人は多いと思います。

何せ、ビンボーだったものですから、赤いウィンナーと魚肉ソーセージしか食べたことがないんですよ。

 

料理の仕事に携わるようになってから、いろんなソーセージがあることが分かって、

多少なりとも、カルチャーショックを受けた記憶があります。

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix