ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

アルザスのワイン ミュスカ

もう20年以上前になるかな?このワインを初めて飲んだときの感動が忘れられない!

アルザスは、その昔、戦争のたびにドイツ領になったりフランス領になったりした土地柄で、今もフランスとしては一風変わった雰囲気のある地方です。

ドイツではザワークラウト(キャベツの酸っぱいやつ?)もアルザスではシュークルートと呼び名は違うが、同じもの。

ワインのボトルにしても、ドイツっぽいモーゼルワインとそっくりな細長いボトルです。

そして、ミュスカです。いわゆるマスカットですが、日本産の甘いだけのマスカットワインとは全くの別物です。

値段も手頃で、白はイマイチ好きになれない!という御仁もきっと好きになってしまうでしょう!

今でもたまに飲みますが、本当においしいです。

言葉では言い表せないのが口惜しいですが、おすすめです。

初めて口にしたときの、私の感動がきっと理解できると思います。

なんて言うのかな?とにかく、日本のマスカットワインのイメージは崩れ去り、他のフランスの白ワインとは別物!というのが理解できると思います。

通常は食前(アペリティフ)で、良く冷やして飲むのが一般的ですが、おいしいものはいつ飲んだっておいしい!と思います。

ミュスカは果実そのものの香りを楽しめる一寸珍しいタイプです。(どのぶどう品種にも個性がありますが、ワインになると、ほとんどの場合、果実そのものの香りではなく「ワインの香り」になります)。

味は辛口です。

フルーティでジューシィなだけではなく、キレのある酸味があるので、すぐに次の一口がほしくなってしまいます。

口当たりも良いので、楽しくおしゃべりしながら飲んでいるとあっという間になくなってしまうでしょう!

是非、お試しあれ!(女性にはかなり人気があるみたいですよ!)

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix