ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

おはぎとぼた餅

秋の彼岸、皆さんはおはぎを食べましたか?

よく、おはぎぼた餅ってどう違うの?という疑問を聞きますが、今回はそれについてです。

おはぎとぼた餅は実は同じもので、季節によって呼び名が変わってるだけなんです。

また、きなこや胡麻、こしあんと粒あんの違いでも呼び方を変えてる地域や店がありますが、基本的には季節によって季節によって呼び名が変わります。

普通、春にはぼた餅(牡丹餅)と呼びます。牡丹が咲く春の彼岸に供物とされた小豆あんの様子を牡丹に見立てたことから牡丹餅、いわゆるぼた餅と呼ばれるようになりました。

では、秋は?そうです、秋に咲く萩の花に見立て、萩の餅(御萩・おはぎ)と呼ばれるようになったのです。

つまり、春にはぼた餅で、秋にはおはぎとなるわけで、けして違う食べ物ではなく、同じ食べ物だと云うことです。

ちなみに、夏は夜船、冬は北窓と呼びます。

ぼたもちは、もちと作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を出さずに作ることができます。だから、近くに住む人には、いつ搗(つ)いたのか分からない。そこで、「搗き知らず」→「着き知らず」と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないことから夏は夜船と呼びます。

夜船と同じように、「搗き知らず」→「月知らず」と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから冬は北窓と呼びます。

俺的には、棚から牡丹餅という状況が一番なんだけどね?!

 

 

 

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix