ネスカフェ アンバサダー

Google AdSense

人気ブログランキングへ

いくら

秋になると、私の住む札幌のスーパーでは、生の筋子が売り出されます。

それを、イクラにするのが我が家の習慣になってます。主に醤油漬けです。

一般的に、産卵期近くのサケを捕まえて腹を裂いて卵を取り出し、一粒ずつ塩漬けや、醤油漬けにしたものをイクラ。

バラバラにせずに卵巣膜に入ったまま塩漬けまたは醤油漬けにしたものを、スジコと呼びます。

イクラもスジコも元々はロシアで食べられていたもので、日本には明治時代に伝わったらしいです。

イクラはロシア語で、魚卵全般を総じてイクラと呼ぶんですが、最初に聞いた日本人が鮭の卵だけを言っていると勘違いしたのが、今でも使われているんですね。

マスの卵でも同じように作ってますが、こちらもおいしいです。

昔、新潟に行ったときに食べたのが、筋子の味噌漬け。

新潟では、タラコなんかも味噌で漬けたり、イカゴロも塩辛にしないで、味噌漬けにしたりしますが、これがまたおいしい!

たまに自分でも作りますが、おいしいです。

ちなみに、タラコもスケソウ鱈以外はタラコとは言わないらしいですね。

美味しいからといって、食べ過ぎはコレステロールと塩分過多になりますのでご注意を!

 

Leave a Reply

Ads by Sitemix